読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社員旅行行き先ガイド

少ない予算で最大限の旅に出る! 海外、国内オススメの地をガイドします。

韓国 おばちゃんが多い会社ならありですが、社内に行かないという人がいないかを確認してから

社員旅行 海外 韓国 ソウル 釜山

f:id:amimotosan:20150113203027j:plain

版権: Jonghyun Kim / 123RF 写真素材

3-4万でそこそこのツアーは取れますが、飛行機だけだと往復で交通費5-8千円で行ける場合も!(LCC利用)

 予算が3-4万円でも大満足できるエリアですが、比較的おばちゃんが多いような会社なら大賛成というか自分から企画立ててきそうな勢いですが、まれに昨今ネットから増幅していっている嫌韓感情を持つような人が班内にいる場合は一考が必要です。そういう人は表立って言わなくても当日欠席してくるような場合もあります。部門内でさりげなく聞いておくことが重要で、全員参加させたい場合は変更も考えておいたほうがいいでしょう。そうでなければ、とても安く、全方位的に楽しめます。

 現地はメディアが言うほどの問題はなく、問題があるとすれば、タクシーの一部にコールバンと呼ばれるニセぼったくりタクシーがいる問題(大型車と、日本人に声かけてくるタクシーを避ければほぼ問題はありません)、また一部の不正なタクシーが道がわからないのをいいことに遠回りする問題くらいです。深夜徘徊で気が緩むなどしないように、常識的なことを守っていればトラブルにあうことはまずないでしょう。

 なぜ旅費が3-4万で大満足できるかといえば、単に距離が近いため安いこともありますが、最近は韓流ブームの落ち着きもあり、日本からの観光客が減っているため、常に安値で客を呼び込んでいるからです。多分、(カジノ収益から)観光関係の補助金類が出ているのでしょうか。飛行機も、ネット予約サイトでは正規料金からはかなりかけ離れた単価で出ていますし(1-2万円)、宿泊も一流ホテルまでを狙わなければ、安価でまあまあのビジホもあります(なお韓国では部屋単位の宿泊料なので、1人頭で考える日本の宿泊費よりは、ツイン以上だと安くあがります)。

 さらにLCCを使えば(期間によりますが)飛行機が5-8千円程度で往復できることもあるので、単純に東京から大阪よりも安いのです。積極的にLCCを使ったほうがいいでしょう。

韓国での社員旅行の注意事項

◯言葉

まずハングルが読めない問題があります。ほとんどの地名や駅にはハングルのローマ字に当たる英文字読みがついているので、それほどは困らないのですが、いざというときのために日本からガイドブックを持っていくことをぜひとも薦めます。ハングルが併記されていれば、タクシーにガイドブックのハングル部分を指差しでも概ね行き先は理解してもらえます。年配の人は英語が全然わかりません!! ハングルじゃないと理解できないんですが、そういう場合は「フリーインタープリター」という、無料翻訳電話の案内が、多くのタクシーでは後部座席右窓に貼ってあるので、それをお願いするといいでしょう(電話を介してあなたの意思を通訳してくれます)。

 もし、なんにもガイド的なものを持ってき忘れたとしても、現地で地理がよくわからなくなったら、例えば明洞や空港近辺の場合日本語の広告入り地図を配布しているので、地図さえ入手すれば位置関係も最寄り駅もわかりますから、ホテルへは戻れなくはないです。なお、ホテルにチェックインしたあとはホテルカードをもらっておくことを薦めます。(それさえタクシーに見せればわかる場合はそのままいってもらえますし、分からない場合は大概運転手がカーナビに入れるか、ホテル自体に電話して場所を聞いたりして、必ず戻ってもらえます)。

◯寒さ

真冬の場合、日本よりもかなり寒いので、防寒の注意が必要です。ホテルの部屋はオンドル(床暖房)がたいていあるので逆にあたたかいのですが、外が寒い。12-2月くらいまでは耳が痛いほどなのでイヤマフも推奨。

◯K-POP好きな人の自由行動の問題

僕の事例だと、K-POP好きなおばちゃんは個人行動を取ります。聖地もいっぱいありますから。有名なドラマならまだしも、その人しか見ていないドラマのセット等につきあわされても面白くないので、そういうのは勝手にいってもらったほうがいいかもしれません。またライブに行ってしまったりするので、まあそういう自由行動も容認できるようじゃないといけないかもしれませんね。

◯アメニティの問題

あと歯磨き!アメニティのうち歯磨きとカミソリは韓国では衛生と環境保護の側面からホテルでの提供が禁止されています。(冷蔵庫上などにある、よくあるセルフサービスでおつまみや酒を販売してるやつにある場合もありますが)現地コンビニでも買えますが、持参したほうが無難です。

◯トイレ

韓国は下水道管が細いのか、古い施設では下水が細く流れないため、トイレ脇に高いゴミ箱があったらそこに使った紙を入れるようにしてください。ちゃんとしたホテルなどのゴミ箱のないトイレは水圧が問題ないのだと思います。

韓国の焼肉について

◯豚焼肉(サムギョプサル)が多いので注意

韓国に行ったら焼肉を食べたいという人も多いはずです。さぞ本場なのだろうと思って行くと、豚焼肉ばかり! なんていうこともあるかと思います。韓国国内では主流は豚肉なのです。

◯ホントの牛焼き肉は評判のいいお店に!

といっても、ちゃんと牛焼肉店はあります。ただし、評判の良い悪いがあるので、できれば観光系の店舗が多い明洞よりも、他のエリアで食べたほうがいいでしょう。可能なら肉市場が近いあたりだと、なお美味しいです。日本語が問題ですが、日本人が来る店舗には多くのお店に日本語メニューがあるほか、インターネットのソウルナビ・コネストという2サイト(ぐるなびや楽天トラベルみたいなもの)では、各店舗の紹介ページに主要な日本語メニューが書いてあるので大丈夫です(口コミもあるので評判もチェックしましょう)。

細かい部位の肉がほしい場合はgoogle翻訳を使う、写真を指さすなど、いろんな方法がありますので、概ねなんとかなります。

幹事の注意 ホテル選びは慎重に!

韓国は特1級、特2級などホテルランクが明示されている(※最近報道があり、今後は★★★★★制度に変わるように決定した。覆面調査員も入るようなので、★制度になってからのほうが正しい情報が得られるかも)ので選びやすいことは選びやすいのですができれば選ばないほうがいい宿があります。

・元ラブホテル(車が入るところにビラビラがあるようなもの)→結構多い。HISの安いのだと当たることも。あちらでは、友達同士でもそういうところに泊まることがあり、ラブホに抵抗がないので。「モーテル」の名がつくものはそういうもの。また韓国では、何も指定しないとツインでなくダブルになるケースもあるので(これも、あまり皆抵抗がない結果)、ちゃんと泊まる前にツインかどうか確認すること(不安な場合はホテルにメールか電話で再確認を)。

・町外れ。東ソウルエリアや、江南からもかなりあるようなマイナーな駅のエリア、空港付近など。単純に移動が遠いので。おおむね明洞から東大門、あるいは江南周辺のいずれかをベースにホテルを考えたほうがいい。オプショナルツアーはホテルを回るものもあるが、回らないものだと集合は多くがロッテホテル明洞(乙支路入口駅付近=明洞から歩いて行けるエリア)だ。

・古びすぎているもの。温泉マークがあったり、旅館と名がつくものはほとんどがバックパッカーくらいしかとまらない宿(韓式旅館)です。日本でも昭和50年代のまんまのカビ臭い宿とかありますが、施設があまり古い宿は避けておいたほうがいいでしょう。ふるーい宿は、年に数回ある民間防衛訓練のチラシとか入ってました。古すぎるホテルはWi-Fiとか来てないのもありますしね。

・韓国はバスタブのない宿が結構多いので(シャワールームのみの部屋が多い)、バスがないとイヤな人は部屋を取る段階で注意しよう。

 外資系ホテルグループがかなりありますので、そういう意味ではそういうグループを選ぶと世界的に内容は担保されているのですが、部屋数が多い社員旅行向けな中級くらいのビジネスホテルもいくつかあるのでそういうのを選ぶといいかと思います。

◯用意するのにオススメのグッズ

カニだの鍋物だの肉だのが多いため飲食時に手が汚れることが多いので、ウェットティッシュ(できれば箱ではなく小さいもの)を持参することをおすすめしますが、事前に国際空港のJCBプラザにJCBカードを持参して寄ると、おおむねそれ貰えます(終了していることもあります)。