社員旅行行き先ガイド

少ない予算で最大限の旅に出る! 海外、国内オススメの地をガイドします。



広島 食と観光の宝庫、だけど行くなら平日を推奨(土日休業の飲食店多し)



f:id:amimotosan:20151024042230j:plain

写真AC(宮島)

平和を誰よりも愛する街はみどころいっぱい

広島といえば原爆イメージが強いですが、その面影を残す場所も平和記念公園のあたりくらいです。街のかつて受けたダメージから這い上がって今がある広島。結構いい街なのです。

まず不思議に思うのは街の飲食店に行くとよくわかりますが、広島カープ愛みたいなものが溢れています。これはプロ野球界唯一の市民球団であるところによるのではないでしょうか。

広島駅から球場が近いこともあって、地元住人の日常にカープは深く食い込んでいます。飲み屋のテレビでカープの試合を見ることも多いでしょう。言ってはいけないのはカープの悪口です。いくら別のチームを好きでも構わないのですが、それだけはダメですね。

地元名産のカキ(牡蠣)をはじめとして、食文化が豊富な広島

世界文化遺産に登録されている「原爆ドーム」「宮島」は、外国人も多く訪れる観光スポットで外せません。「お好み焼き」「牡蠣料理」「汁無し担々麺」などのグルメも豊富で、それぞれ有名なスポットがあります。特に、お好み焼きは、「お好み村」という集合ビルディングもあるので、はしごして食べることも容易です。

禁句は「広島風お好み焼き」という言い方。ローカルではお好み焼きは広島のものと考えているので「広島風」という言葉はえらく気に障ります。いろいろと繊細な事項が多くて面倒と思うか、文化の独自性と考えるかはあなた次第ですが。

郊外に行くとカキ小屋も多数あります。市内を流れる川には、船の上で食事ができる場所もあります。

映画の舞台で有名な「尾道」も近く、自然も豊富

瀬戸内海近辺の自然も楽しめます。サイクリストには外せない「しまなみ海道」のサイクリングや、離島めぐり、森林・渓谷、登山・ハイキングなどや、ローカル企業の見学など(マツダは「マツダミュージアム」が見られます、オタフクソースなども見学可能)、またちょっと足をのばせば、映画の舞台でも有名な、尾道にも行けますね。いろんな楽しみ方が可能で、また新幹線停車駅であること、飛行機も広島空港まで来れることを考えると案外悪くないのですね。

大都市なので、大規模なホテルがいっぱいあるのも安心

部屋数の多い大規模なホテルも(利便は悪くなりますが)それなりにあり、社員旅行には悪くありませんよ。

ちなみに、私がお勧めしたいのは、予算はオーバーしてしまうかもしれませんがグランドプリンスホテル広島。ふつうのプリンスホテルではないのです。かなり郊外なんですが、海からも船で行けちゃうプリンスホテル(サービスは期待しないでください)。ホテル前から桟橋があり、定期船が来るので、そこから宮島も、他の場所も行けちゃいます。市内中心ではなく、宮島と瀬戸内海を楽しみたい人にはいいんじゃないでしょうか。リフレッシュできそうですよね。

 ちなみに広島市街、外食をメインに考える場合、なぜか当地の飲食店、日曜日休業のお店がものすごく多いです。なので、日曜日はあまり食べるものを期待しないほうがいいです。

広島の観光地でおすすめは宮島

広島の観光地として、ちょっと遠いし、めんどくさいな~と思ったとしても外せないのは宮島です。海上にうかぶ厳かな「厳島神社」がある場所ですが、鹿がいたり、ちょっとのんびりと散策できる街があったりと、行く過程の船もふくめて楽しめますし、リラックスできます。宿泊場所もそれなりにあります。なにより世界遺産なので、全世界から見に来る人が多いです。このとき注意したいのは、カキを立ち食いやイートインで食べられるお店がいくつもあるんですが、身が大きいぷりぷりと美味しいものもあれば、観光地なのでどこから仕入れているのかわかりませんが、ほんとうに小ぶりなものを食べさせられるしょぼいお店もあります! なので、個数が少ないものなら、いろいろ食べ歩き、食べ比べてみるなどしたほうが満足度が高いと思います。変な味をつけたりしている変わり種のところはカキがしょぼい率が高いです!

もみじまんじゅうも街中で買えるものではありますが、あえてここで食べてみるのは景色コミでの思い出となり、いいんじゃないでしょうか。

あと道端にいる鹿が、たまに攻撃的なものや、人のものを奪っていくものがあるので、注意してくださいね。

平和記念公園も本来見るべき場所

重い地ではありますが、原爆ドームのある広島平和記念公園も行くべき場所であります。原爆死没者慰霊碑に祈りを捧げ、ドームを見、いまは平和な川のまわりを見て、いろんなことを思います。リアルな展示に耐性があれば、広島平和記念資料館に立ち寄られたほうが、やはり戦争はよくないなという思いを強くするでしょう。かつては学校の修学旅行で来た人もいるかもしれませんが、現在は改装されて展示内容は大きく変わっています。あまりメッセージ性が強いと拒否反応もあるかもしれませんが、学びの側面を入れたいという場合は、こういった場所を必須で入れる旅行もありだと思います。ただ、暗くはなってしまいますから、全体では自由時間にさせておき、選択できる余地を残させておき、全員で見るとしたら原爆ドームを見る程度にとどめてもいいいかもしれませんね。